こんにちは!1年間で秋分の日が1番嫌いなキリコです

 

 

日が短くなる境界線とされている日。そりゃ寂しくなるもんさ

かと言って春分の日が1番好きかと言われたらそうでも無い。好きな日はない。

 

 


 

 

さて、今回もファンタジーについて面白楽しく伝えていこう

 

 

あまりいないだろうけど今からファンタジーのリーグに参加しようと考えている貴方。keeperリーグには手を出すな
その一言ではまとめられない仕打ちを喰らいました

 

 

それは今朝(2019/10/07)の話
早朝5時から本番ドラフト。まあ、海外勢のリーグだから時間帯は仕方ない。早起きしてパンを摘みながら待機!!

 

 

いざドラフトルームに入ると、どうしたことか様子がおかしい。何度も確認するもウントモスントモ変わらない。

 

 

 

仕方が無いのでルール設定を確認に競歩。
もう4年もファンタジーやっている。強烈な臭いを発する「keeper League」

 

keeper童貞を守ってきたのに
要するに昨季のチームから何人かキープしたままドラフトに臨めるということだろう。

 

 

 

 

私の確認ミスだから仕方がない。←リーグに加入する時必要以上にルールを確認していたはずだった。
これでは得点や3PTといった表のスタッツはまず勝てない。裏チームでいこうとドラフト直前の短時間で思考を決定させる。

 

 

きっと昨季からの継続者はドラフト指名しないのだろう。そう思っていたら次々INしてくる。そう彼等も通常通り指名を待ち望んでいたのだ。
加えて昨季の順位順で指名が決定している。

飛び入り参加の私は12人中11位。

 


来た!来た。来た.

私の1巡目→M.ハレル
さあ2巡目→D.ホワイト
イヤイヤ…ランクで勝負が決まる訳では無い。20チームほど渡り歩いてきたんだ私は。何とかしてやると意気込む

 

 

悪夢、いや夢のクライマックスはこれからだった。
ロスター枠30なのだ。そうコレはFAがほぼ残らず補強が出来ないことを意味する。おい、死ぬ間際に目が覚めるだろ? おい。おい。おい。

 

「これが1位のチーム」

 

     

 

 

「こちらがMyチーム」

     

                                        

 

 

そして仕上げの七味唐辛子。
PO進出が4/12。POでのアップセット対策もバッチリ

やるじゃん!!

 

徹底しておる

合掌

勿論「keeperリーグ」にも良い所はあるのでしょう

 

 

 

日が差してきたぜ

今日も一日元気いっぱい

 

 

 

 

 

 

私の運営するリーグはまだまだ参加者募集中。上記が如何にクレイジーか共有できるよう一緒にファンタジーやってみましょう

Twitter @knb2438