こんにちは‼チャーミーが過ぎてコンレイを待つ日本在住のキリコです

 

 

赤ちゃんに対して所謂「赤ちゃん言葉」を使う有効性って実証されているの?それを近くにいる人はどういう反応をすることが良いのかの実証もされている?前者ばかり1人歩きしているよ

 

 

 

前回の反響は一切聞こえてこないけど、2度目の選手予想しちゃいます

まあ結局30チームやるんだろうけどね(・ω<)

 

 

 

Cleveland Cavaliers

 

K.ラブ・・・あの人が居なくなりエースとしての活躍が期待されているが、怪我で離脱すると予想。平均スタッツは残すものの、怪我と終盤のタンクで期待に応えられず

L.ナンス・・・序盤の起用は読めないが、最終的にスタート定着。が、毎年怪我をしている歴史は要注意

T.トンプソン・・・面白い存在に。だが、膝に痛みとクロエを抱えていることは忘れるべからず

C.セックストン・・・わからん‼去年のフォックスくらいの数字残せるのかな

C.オスマン・・・期待されているレベルまではいかないまでも2桁得点には乗せてくるだろう。再来年の飛躍に向けて

D.ンワバ・・・JRが何かで離脱後プレイタイムを伸ばす。終盤期待できます

A.ジジッチ・・・終盤モンスター化。タンクが決定的になった時に注目しよう

 

 

 

Detroit Pistons

 

R.ブロック・・・怪我のキャリアを覆した去年の飛躍。ブラフで無かったことを証明するシーズンに。3PTは計算できる

L.ケナード・・・ブロックからスタメンを・・・奪えないかな。来年はかなり期待できる選手になっている可能性大

I.スミス・・・相変わらずレジーは55~65試合出場だろう。今年も離脱者の穴をしっかり埋め変わらないスタッツを残す。スリーは入らない

G.ロビンソン・・・期待‼シーズン終盤まで怪我せずいければケイシーの信頼を掴みローテ入りしている。←キャリアハイのシーズンに

 

 

 

 

Indiana Pacers

 

M.ターナー・・・今年こそと意気込むもすこーしスタッツ伸びるくらい

D.サボニス・・・去年以上の役割を任され、スタッツも微増。大幅には上がらない

T.エバンス・・・60-70試合出場できれば6thマン最終候補に。しかし、期待されると怪我するのがタイリーク。去年の爆発は期待されていない中での出来事

 

 

 

Miami Heat

 

H.ホワイトサイド・・・プレシーズン初戦は20-13大活躍。しかし続かず去年並に干される。デッドラインでトレードの可能性あり

B.アデバヨ・・・飛躍の年にすべきだが、数字はそれほど伸びず。シーズン終盤の活躍に期待

J.ウィンズロー・・・全体的に数字を上げてくる。得点の伸びはFT%が鍵を握る

 

 

 

Milwaukee Bucks

 

B.ロペス・・・キックアウトからのスリーがさらに増える。数字は微増見込み

M.ブログトン・・・新人王の意地をみせもう一段階上の世界へ。来年はYahooランキング60位台に入っているだろう

P.コナートン・・・ローテ入りへ。ファンタジー的な価値は低いがチームから信頼される

 

 

 

 

プレシーズンが始まって午前中の楽しみが再び出来ましたね!

そんなプレシーズン初戦で離脱したドラ3のお話はしませんよ

 

 

残念でした

 

 

Comment